HOME > Photo Studio > ヴェネチア便り > 第75回ベネチア国際映画祭レポ ① 〜開幕

Photo Studio

< 秋の七五三撮影お承り中です。撮影相談はお早めにどうぞ。  |  一覧へ戻る  |  第75回ベネチア国際映画祭2018レポ ② 〜レディー・ガガ登場 >

第75回ベネチア国際映画祭レポ ① 〜開幕

今年のイタリア・ベネチア映画祭のポスターデザインはこちらです。

今年もベネチア映画祭に来ました!
今回は私が所属するフランスのエージェンシーに写真を送るのがメインの仕事です。
日本の作品は、今年は少なめ。1本だけ、塚本晋也さんの作品があります。

最終日の前日までの滞在中、皆様にベネチア映画祭のレポをお届けいたします。

::::::::::::::::::::::::::: 


第75回目、という区切りの年なせいか、
プログラムがいつもより厚いし、字も小さい・・・
パッと見ただけでも映画の上映が随分増えている印象です。

そして、派手なアメリカ陣がたくさんやってくる、とも聞いております。
その中には、レディー・ガガなどの名前が挙がっています。

ベネチアにプレスフォトグラファーとして入っていても、登場ゲストの全貌はわからず、
毎日夕方に配布される、翌日のスケジュール表と到着ゲストのリストを見ながら
初めて、1日づつ状況がわかるだけです。

映画のタイトルがわかっても、出演者のうちのだれがベネチアに参加するかわかりませんからね。

フォトコール会場

こちらは今年のフォトコール会場の背景。
真っ赤ですね・・・

カメラマンからはあんまり評判が良くないです。
真っ赤だと、顔に赤い色が映って、赤目の色味になりがちなので色彩の調整がちょっと大変!

ベネチアの海

映画祭のプレスオフィスから眺めた今日の海はこんな感じ。

こののどかな感じが、島で行われる映画祭らしいなあといつも思います。

この空気感、島の感じが、意外に癖になります。

でも、この場所のすぐ横が映画祭のメイン会場。

本日の開幕は、なかなか豪華なゲストが次々に現れ、大騒ぎでした!!

「シェイプ・オブ・ウォーター」の監督、ギレルモ・デル・トロ

「シェイプ・オブ・ウォーター」で昨年金獅子賞を獲ったギレルモ・デル・トロが今回の審査員長。

彼もベネチアの顔なじみになりました。

審査員勢ぞろい

今年の審査員がずらりと揃いました。
左からクリストフ・ウォルツ、タイカ・ワイティティ、脚本家、審査員長のギレルモ・デル・トロ、シルヴィア・チャン、ニコール・ガルシア、マルゴルザータ・スズモウスカ、ナオミ・ワッツ、トリーヌ、ディルホルム、パオロ・ジェノヴェーゼ

ライアン・ゴスリングが大人気のベネチア映画祭開場前の赤絨毯
そしてオープニングの作品、「First Man」のキャストたち。
真ん中は監督のダミアン・シャゼル。向かって右隣のライアン・ゴスリング、ものすごい人気でした。

後ろに連なる群衆からものすごい歓声が起きていました・・・!!

ライアン・ゴスリングのポートレート

ライアンって、さりげない感じなのですよね、いでたちが。

そこがまた人気の秘訣か・・・と思いながら撮影しておりました。


また、明日もいろいろなゲストが到着しそうです。

一週間ちょっと、どうぞお付き合いいただけましたら幸いです。

(若)
Photo and Text by (c) Kazuko Wakayama

カテゴリ:

< 秋の七五三撮影お承り中です。撮影相談はお早めにどうぞ。  |  一覧へ戻る  |  第75回ベネチア国際映画祭2018レポ ② 〜レディー・ガガ登場 >