HOME > Café Blog > 瓦版コラム > 【瓦版コラム】シェフが語る、この逸品 - July 2019

Café Blog

< 古民家カフェ・ケープルヴィル一番人気のデリランチプレート[6月]  |  一覧へ戻る  |  谷根千の古民家カフェで人気のデリランチ【7月】 >

【瓦版コラム】シェフが語る、この逸品 - July 2019

 旬のものは「滋味がある」といわれますが、これは栄養豊富でおいしいということです。

野菜の栄養価は、ふさわしい季節に育ってこそ高まるというわけです。
また、夏の野菜にはからだを冷やす作用、冬の野菜にはからだを温める作用があるというのが東洋医学の考え方。
つまり、真冬にきゅうりやトマトを食べるのは、わざわざからだを冷やして病気を招くようなもの。
夏が旬のきゅうりやトマトは今食べて、自力で身体の熱を放出して、なるべくクーラーに頼らない身体にしたいですね。

 今月のケープルヴィルのメニューには、ピーマン、アボガド、パクチー、茄子、さやいんげんを使ったデリをお出ししています。
自然の摂理に従うことが、何にも勝る健康の秘訣だということです。(順子)


カテゴリ:

< 古民家カフェ・ケープルヴィル一番人気のデリランチプレート[6月]  |  一覧へ戻る  |  谷根千の古民家カフェで人気のデリランチ【7月】 >