Café Blog

【瓦版コラム】新年のご挨拶- January 2022


あけましておめでとうございます。


また新しい一年が始まりました。

このところ、
いままで生きてきた経験に照らし合わせてみても
予想のつかない出来事が増え、
今までとは時間の流れも変わり、
明らかに新しい時代に移行しているのを
誰もが感じていることと思います。


こんな時代に大切なことってなんでしょうか。

変化を受け入れられるような柔軟性。
それはもちろん必然的なものだと思いますが、
その先のなりたい自分、なりたい形を意識することが
大切だと私は思っています。


「人間は現在もっているものの総和ではなく、
まだ持っていないものとこれから持ちうるものの合計である」


これはフランスの哲学者ジャン=ポール・サルトルの言葉。
つまり人は常に生まれ変われるから、
いつでも自分はなりたいものになれるそうです。


「こんなことも」「あんなことも」といって人は
次々としがらみを作るけれど、
それは言い訳でしかなく、
それでも本当に変わりたければ変わることができる。

常に毎回同じ行動をしていては「モノ」と変わらない。
そうならないためにも機械的な行動や習慣から逃れ、
自由に生きていくことが大切だというのです。

そのことは個人の生活レベルでもそうですが、
カフェとして、写真館としてみなさまと関わる私たちも
世の中の変化を積極的に捉えて、
私たちなりの道を創り出していきたいと思っております。

二〇二二年。
みなさまおひとおひとりにとって、
創造的で魅力的な年になりますように。

ケープルヴィルのスタッフの集合写真






 ケープルヴィル代表 若山和子

< 【瓦版コラム】ケープルスタッフ日誌- December 2021  |  一覧へ戻る