HOME > Photo Studio > パリ&カンヌ便り > パリ&カンヌ便り〜パリvol.2

Photo Studio

< パリ&カンヌ便り〜パリ vol.1  |  一覧へ戻る  |  パリ&カンヌ便り〜パリVol.3 >

パリ&カンヌ便り〜パリvol.2





友人が用意してくれたパリの朝ごはん。カイザーのパンとエピキュリアンの“ドライアプリコットと蜂蜜入り洋梨のジャム”、そして冷製野菜スープとコーヒー。やっぱりフランスのバターは味が違う。健康は朝食から。


さて、街に出ます。



St.Paul(サン・ポール)のメトロ入り口前の広場に見たことないスタンドが。「リュリュ・ダンラ・リュー」なんていう洒落っ気のある名前のお店です。古本や植木鉢やブルドックの置物とメニューが置いてあるけれど、何が買えるんだろう。

と思って近づくと、

「街の管理人。20分のお仕事、何でも5ユーロから10ユーロでいたします」と書いてありました。
 
こういうスタンドというのは新聞や雑誌を売るニューススタンドなのに、この人たちはサービスを売っている様子です。
 
スタンドのお姉さんに聞いてみたら、掃除や犬の散歩、子供のお迎え、電球交換など、何でもやってくれるのだと説明してくれました。しかもお姉さん、とっても感じよかった!
 
こんな親切なサービスが街角でやってるなんて、パリもなかなかいい方向に変わっていっているのではないかしら。開店してもう1年になるというので、ぜひこのまま根付いてほしいです。
 
パリの暮らしの不便さが、ちょっと変わるかも、とちょっと期待。

 

スタンドの横には、「日曜大工、掃除、親切にいたします」



これから行きつけのお店に写真館のステキな新商品を探しに行きます。

続きはまた次回。
 


カテゴリ:

< パリ&カンヌ便り〜パリ vol.1  |  一覧へ戻る  |  パリ&カンヌ便り〜パリVol.3 >